研究集会の案内


 

フレネ教育研究会は、1983年に第1回全国集会を開いて以来、フレネ教育の日本での普及・発展をめざし、研究集会と現場での実践を重ねてきました。機関誌「フレネ教育研究会会報」は、100号を越えました。この間20回にわたる研修旅行が実施され、のべ600人を越える教育関係者が、フレネ学校での研修に参加しています。

 

 


 フレネ教育研究会 春のオンライン全国集会


●日時:2023年2月11日 (土) 10:00 - 16:30
●会場:オンライン開催(ZOOM使用)
●参加費:一般参加1000円、一般学生500円、会員500円、学生会員無料
    (新規入会の方には割引があります)

10:00~ 開会
10:05~ 実践報告1
「子どもの興味、体験から繋がる生活」
・佐藤芙美子(けやの森保育園園長)

1学期にさまざまな活動を体験し、驚きや発見などを蓄積し、2学期にそれらを身体的、造形的に表現します。3学期は全てを合わせ、自分たちの一年の成果を発表する。このような内容を、写真やビデオを使って解説します。その活動や取り組み方について、フレネで学んだことを取り入れていますので、その部分をとくにクローズアップして解説します。

12:00~ お昼休憩

13:00~ 講演
「くらべ方を考えよう」ー当たりまえという言葉を使わない算数ー
・神戸佳子(東海大学)

神戸さんはお茶の水女子大学附属小学校に長年勤務し、 副校長をへて現職。専門は算数・数学で、何気ない中から「うーん」 と本質を考えるような算数をずっと実践されてきました。まさに「 当たり前という言葉を使わない」、 楽しくて個々の考え方が協同して深まっていく算数。 きっと大人も学ぶことが大きいと思います。

14:45~ 実践報告2
共に学び合う関係を築くために~自由学習、計画表の取り組みから~
・有馬元明(埼玉公立小教員)

小学校2年生の子どもたちの自由学習、計画表の取り組みを中心にした報告です。子どもたちの学びの姿や実践を振り返り、教員自身が学んだことについて報告していただきます。

16:30 閉会


●ご注意
※原則としてビデオはオンにしてご参加ください。
※ビデオ機能が付いた端末やインターネットへの接続環境のご用意をお願いいたします。
※zoomアプリ(無料)を事前に入れてください。

 

●申し込み

このPeatixからお申し込みください。